EMARF利用規約

2019年4月10日制定
VUILD株式会社

この利用規約(以下「本規約」といいます。)は、VUILD株式会社(以下「当社」といいます。)が運営するウェブサイト「EMARF」(以下「本ウェブサイト」といいます。)および同ウェブサイト上で提供する家具の設計データ作成、家具パーツまたは家具の製作発注サービス(以下「本サービス」といいます。)の利用条件および当社と本サービスの利用者(以下「ユーザー」といいます。第2条に定義します。)との間の権利義務関係を定めるものです。本サービスをご利用いただくには、本規約の全文をお読みいただき理解いただいた上で、本規約に同意する必要があります。


第1条 本規約等
第2条 定義
第3条 本サービスの提供
第4条 本規約への同意
第5条 本規約等の変更
第6条 登録
第7条 アカウント管理
第8条 当社の権利等
第9条 テンプレートデザイナーの権利等
第10条 ヴィルダーによる設計データの作成
第11条 製作契約の締結、決済および家具パーツ、家具の製作
第12条 家具パーツおよび家具の所有権
第13条 納品および検査
第14条 製作契約に関する責任等
第15条 製作契約のキャンセルまたは契約解除
第16条 ユーザーの責任
第17条 法令遵守等
第18条 秘密保持
第19条 本サービスの停止等
第20条 個人情報の取り扱い
第21条 ユーザーへの通知または連絡、ユーザー間の連絡および連絡先情報の開示
第22条 禁止事項
第23条 退会およびユーザー登録抹消
第24条 当社の免責
第25条 権利義務の譲渡
第26条 分離可能性
第27条 準拠法
第28条 管轄


第1条 本規約等

当社は、本規約以外に、本サービスに関するプライバシーポリシー、ガイドライン等の規則および本ウェブサイト上において本サービスの利用手順等を定める場合があります。この場合、これらの規則は本規約の一部としてユーザーと当社との間の権利義務関係を定めるものとします。以下、これらの規則と本規約を併せて「本規約等」といいます。

第2条 定義

本規約等における以下の各号の用語は、以下の各号に定める意味を有するものとします。
(1) 「ユーザー」
本サービスを閲覧または利用する全ての個人または法人
(2) 「ヴィルダー」
本サービス上で、本規約等に従い、家具の設計データを作成するユーザーであって、本サービス上で「ヴィルダー」としての資格を登録したユーザー
(3) 「工房オーナー」
ShopBotを保有し、本サービス上で、本規約等に従ってヴィルダーとの間で締結される製作契約に基づき、ヴィルダーから家具パーツまたは家具の製作を請け負うユーザーであって、本サービス上で「工房オーナー」としての資格を登録したユーザー
(4) 「テンプレートデザイナー」
本サービス上で、本規約等に従い、デザインテンプレートを提供するユーザーであって、本サービス上で「テンプレートデザイナー」としての資格を登録したユーザー
(5) 「テンプレート」
本サービス上で、本規約等に従い、当社が別途適宜の方法で指定する形式でテンプレートデザイナーが提供する家具デザイン
(6) 「設計データ」
本サービス上で、本規約等に従い、ヴィルダーが作成した家具の設計データ
(7) 「製作契約」
設計データに基づき家具パーツまたは家具を製作するためにヴィルダーと工房オーナーとの間で締結する請負契約

第3条 本サービスの提供

1. 当社は、本サービスを通じて、ユーザーに対し、以下の各号に定める内容を実現するためのプラットフォームを提供します。
(1) ヴィルダーが本サービス上で設計データを作成すること。
(2) 第1号により作成された設計データに基づき実際に当該家具を製作するために、ヴィルダーと工房オーナーの間で当該家具にかかる製作契約を締結すること。原則として、工房オーナーは当該家具のパーツを作成するものであり、オプション注文のない限り、パーツの引渡しを受けたヴィルダー自身がパーツから家具を組み立てる。
2. 製作契約締結の当事者はあくまでヴィルダーとオーナ―であり、当社は取引の場を本サービス上で提供するにすぎないことから、当社は、特定商取引に関する法律等法令および政令等によって求められる情報の提供、製作契約の成立、製作契約にかかる報酬の支払および目的物の引渡し、成立した契約の取消し、解除、解約、返品、返金、保証その他ユーザー間の取引に関する一切の事項について責任を負うものではありません。

第4条 本規約への同意

1. ユーザーは、あらかじめ本規約に有効かつ取消不能な同意をしないかぎり本サービスを利用することができません。
2. ユーザーが未成年者である場合は、親権者など法定代理人の同意を得た上で本サービスを利用する必要があります。
3. ユーザーが本サービスの利用を開始した場合は、本規約等に有効かつ取消不能な同意をしたものとみなされます。

第5条 本規約等の変更

1. 当社は、本規約等を変更することがあります。当社は、適当と判断する方法によりユーザーに対し本規約等の変更に関する通知又は本ウェブサイト上での公表を行います。ユーザーは変更後の本規約等についてユーザー自身の責任で確認しなければなりません。
2. ユーザーは、本規約等の変更後、本サービスを利用する場合は、当該利用行為をもって、当該変更後の本規約等について確認し同意したものとみなされることにあらかじめ同意します。
3. 当社は、本規約の変更によりユーザーに生じた損害について、本規約等に特段の定めがある場合を除いて、いかなる責任も負いません。

第6条 登録

1. ユーザーは、本サービスの利用開始にあたって、当社所定の方法によりユーザー登録を行う必要があります。
2. ユーザー登録は、ユーザーとなる本人、または法人の場合は代表者もしくは法人より本サービス利用および製作契約に関する有効な契約締結権限を授与された役員もしくは従業員が行うものとします。
3. ユーザー登録にあたっては、当社所定の必要な情報を、正確にかつ真実に従って本サービス上で申告および登録しなければなりません。当社は、ユーザーの登録情報について不正または虚偽の情報の登録または登録した情報の重大な不備を発見した場合は、当該ユーザーの登録抹消を含む当社が適切と判断する措置を当社の裁量によりとることができます。
4. 当社は、ユーザーに対し、本人であることの確認を含む確認のための連絡をすることがあります。ただし、当社は、他のユーザーに対し、当該ユーザーが本人であることその他当該ユーザーが本サービス上に登録した情報の正確性等を保証しません。
5. ユーザーは、ユーザー登録にあたって、以下の各号の事項全てについて、当社に対し、表明および保証します。
(1) 未成年者である場合には親権者など法定代理人の包括的な同意を得ていること
(2) 本サービスの既存のユーザーアカウントを有しないこと
(3) 反社会的勢力(暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロまたは特殊知能暴力集団、その他これらに準ずる者をいいます。)との取引もしくはこれに類する行為をしたことがなく、または現に反社会的勢力に所属していないこと(法人の場合は、主要な株主、役員もしくは従業員が現に反社会的勢力に所属していないこと)
6. ユーザーは、登録内容に変更がある場合は、当社所定の手続により、速やかに当該変更内容を本サービス上で自らの責任で再登録し反映させるものとします。再登録手続を行わない場合は、本サービス利用にあたって不利益または不都合が生じる場合があります。
7. ユーザーが本サービスに関連する金員の支払いまたは受取りに用いるクレジットカード、銀行口座等について当該ユーザー本人名義ではないとの疑義が当社にとって生じた場合、当社は以後の一切の本サービスに関連する手続を停止または中止することがあります。この場合において、当社は、本規約等に特段の定めがある場合を除いて、当社の措置によって当該ユーザー、他のユーザーおよび第三者に発生する損害について何ら賠償する義務をおわず、当該ユーザーが自己の負担と責任において対応するものとします。

第7条 アカウント管理

1. 本サービスのユーザーIDおよびパスワードについて、ユーザーは、これを不正に利用されないよう自己の負担と責任で厳重に管理する義務を負います。
2. 当社は、登録されたユーザーIDおよびパスワードを利用して行なわれた一切の行為を、当該ユーザー本人の行為とみなすことができます。
3. ユーザーの本サービスにおけるすべての利用権は、理由を問わず、アカウントが削除された時点で消滅します。ユーザーが誤ってアカウントを削除した場合であっても、アカウントの復旧はできません。
4. 本サービスのアカウントは、ユーザーに一身専属的に帰属します。ユーザーの本サービスにおけるすべての利用権は、第三者に譲渡、貸与または相続させることはできません。

第8条 当社の権利等

1. 本サービスおよび本サービスに含まれるコンテンツに関する著作権(著作権法第27条および第28条に定める権利を含みます。以下同様とします。)、特許権、実用新案権、意匠権、商標権等の知的財産権(それらの権利を取得し、またはそれらの権利につき登録を出願する権利を含むものとします。以下総称して「知的財産権」といいます。)および所有権その他一切の権利は、本規約等に特段の定めがある場合を除いて、当社に帰属します。
2. 当社は、本サービスの提供にあたって必要な範囲で本サービスおよび本サービスに含まれるコンテンツの使用または利用をユーザーに対して許諾します。
3. 当社は、本サービス上でユーザーが登録したテンプレート、設計データその他の情報を本サービスの提供または広告宣伝目的で利用することができるものとし、ユーザーはこれをあらかじめ承諾します。
4. 当社は、本サービス上で製作契約を締結するヴィルダーから、本サービス利用の対価として、当社が別途本サービス上で定めるシステム利用料(以下「システム利用料」といいます。)の支払いを受けることができます。ヴィルダーは、第11条第2項に基づき、製作契約に基づく家具パーツまたは家具製作代金とともに、当社に対し、システム利用料を支払うものとします。

第9条 テンプレートデザイナーの権利等

1. テンプレートデザイナーが本サービスに登録したテンプレートに関する知的財産権は、テンプレートデザイナーに帰属します。
2. テンプレートデザイナーは、当社および他のユーザーに対し、本サービスの提供・広告宣伝、本サービス上での設計データの作成および設計データに基づく家具の製作の目的で、第1項に定めるテンプレートを使用または利用することを許諾します。当該許諾の対象には第三者に対して再許諾することをも含みます。
3. テンプレートデザイナーは、第1項に定めるテンプレートの知的財産権および第2項に定める許諾を行う権限が適法に自己に帰属することを表明および保証します。
4. テンプレートデザイナーは、当該テンプレートデザイナーが知的財産権を保有するテンプレートを使用または利用して家具を製作する工房オーナーから、第2項に定める許諾の対価として、当社が別途定める許諾料(以下「使用許諾料」といいます。)の支払いを受けることができます。テンプレートデザイナーは、当社に対し、テンプレートデザイナーを代理して工房オーナーから使用許諾料を受領する権限を授与します。当社が工房オーナーから使用許諾料を受領した時点で、工房オーナーのテンプレートデザイナーに対する支払債務は履行完了したものとします。

第10条 ヴィルダーによる設計データの作成

1. ヴィルダーは、本規約等に従い、本サービス上でテンプレートを基に、サイズ、配置、素材等を選択し設計データを作成することができます。
2. 設計データは、テンプレートデザイナーが知的財産権を保有するテンプレートに基づきヴィルダーがサイズ、配置、素材等を決定して作成するデータであり、家具のデザインに関する知的財産権はあくまでテンプレートデザイナーに単独で帰属します。

第11条 製作契約の締結、決済および家具の製作

1. ヴィルダーと工房オーナーの間の製作契約は、ヴィルダーが「決済」画面において「決済」ボタンを選択した時点で、ヴィルダーが作成した設計データ、ヴィルダーが指定した数量および別途本ウェブサイトで表示される価格(以下「家具代金」といいます。合計支払金額として表示される金額には、家具代金(基本的には、家具パーツの製作代金となりますが、オプション注文として工房オーナーによる家具の組み立てがなされる場合には、家具組み立ての追加費用が含まれます。)およびシステム手数料が含まれます。)、本規約等(キャンセルポリシーを含みます。)に定める条件において、ヴィルダーと工房オーナーの間で成立するものとします。工房オーナーは、工房オーナーの保有するShopBotを用いて家具を製作するものとします。
2. ヴィルダーは、製作契約締結にあたって家具パーツの受け取り方法を選択することができます。ユーザーは、家具パーツの受け取り方法に応じて以下の各号に定めに従い家具パーツを受け取ります。
(1) 製作契約締結にあたって、家具パーツまたは家具の郵送または配送を選択した場合、工房オーナーによる製作完了後、工房オーナーがヴィルダーに対し家具パーツまたは家具を郵送または配送します。送料はヴィルダーの負担とします。家具パーツの製作においては、組み立て前のパーツの状態で郵送または配送されるものとし、ヴィルダーは自己の責任と費用負担において家具を組み立てるものとします。また、オプション注文により、ヴィルダーが工房オーナーによる家具パーツの組み立てを希望する場合は、家具は組み立て後の状態でヴィルダーに郵送または配送されるものとし、工房オーナーは自己の責任において家具を組み立てるものとします。
(2) 製作契約締結にあたって、自らが家具パーツまたは家具を受け取りに行くことを選択した場合、工房オーナーは製作した家具パーツを、ヴィルダーに手渡します。この場合においても、家具は、組み立て前のパーツの状態でヴィルダーに手渡されるものとし、ヴィルダーは自己の責任と費用負担において家具を組み立てるものとします。当該工房オーナー事業所までの往復の交通費はヴィルダーの負担とします。また、オプション注文により、ヴィルダーが工房オーナーによる家具パーツ組み立てを希望した場合は、家具は組み立て後の状態でヴィルダーに手渡されるものとし、工房オーナーは自己の責任において家具を組み立てるものとします。
3. ユーザーは、当社に対し、ユーザーを代理してオーナーから家具代金を受領する権限を授与します。当社がオーナーから当該許諾料を受領した時点で、オーナーのデベロッパーに対する支払債務は履行完了したものとします。
4. ヴィルダーは、第1項に定める「決済」ボタンの選択により、当社の定める方法による決済手続を完了し、当社に対して、家具代金およびシステム利用料を支払います。

第12条 家具の所有権

家具の所有権は、第11条第2項第(1)号に従いヴィルダーに対し家具パーツまたは家具が発送された時点又は同第(2)号に従いヴィルダーに手渡された時点で、工房オーナーからヴィルダーに移転します。

第13条 納品および検査

1. ヴィルダーは、家具パーツまたは家具を受けとった場合は、すみやかに家具を検査するものとします。
2. 前項の検査において製作契約に定めた仕様等に合致しない場合は、製作契約の当事者であるヴィルダーと工房オーナーの間で直接対処及び解決するものとします。

第14条 製作契約に関する責任等

1. 製作契約に関連して発生する債務不履行責任、瑕疵担保責任、製造物責任等の法的責任については、本規約等に特段の定めがある場合を除いて、製作契約の当事者であるヴィルダーと工房オーナーとの間で直接対処及び解決するものとします。
2. 当社は、本サービスを通じてヴィルダーに対し設計データを製作し工房オーナーに対して家具パーツ製作または家具の製作を依頼するためのツールを提供するものであり、製作契約の当事者ではないことから、本規約等に特段の定めがある場合を除いて、製作契約に関連して生じる紛争その他問題について何らの責任を負いません。

第15条 製作契約のキャンセルまたは契約解除

1. ヴィルダーは、一旦製作契約が成立した後は、家具パーツまたは家具の製作についてキャンセル(製作契約締結にかかる意思表示の撤回)をすることができません。
2. 製作契約を債務不履行責任、瑕疵担保責任その他の理由により解除する場合は、ヴィルダーと工房オーナーとの間で直接やりとりをするものとします。当社は、製作契約の当事者ではないことから、当該解除の可否について何ら判断をするものではなく、当該解除に関連して何らの業務も提供しません。

第16条 ユーザーの責任

本規約等に明示的に定める場合を除いて、製作契約または製作契約に関するテンプレートの使用に関連して問題が発生した場合は、ユーザーは、契約当事者として各自の負担と責任で対応するものとし、当社は、家具代金または使用許諾料相当額の払い戻しを含む一切の措置を行う責任を負いません。ヴィルダーは、本規約、本サービス上またはそれ以外の方法で表示される注意事項や遵守事項に従い、家具パーツまたは家具を組み立て、使用しなければなりません。これらに反した使用(誤った組み立て、対荷重量以上に物を載せての使用、乗るべきでない箇所に乗っての使用等を含みますが、これらに限られません。)により問題や損害が発生した場合は、当社は一切の責任を負わず、ヴィルダー自身の負担と責任で対応するものとします。

第17条 当社の行う措置

当社は、本規約等に違反する行為が行われたと判断した場合、他のユーザー等第三者の権利を侵害したもしくは侵害するおそれがあると判断した場合、製作契約または製作契約に関するテンプレートの使用に関連して紛争が生じた場合、またはその他当社が介入する必要があると判断した場合には、ユーザーに通知することなく、該当する製作契約のキャンセルもしくは契約解除、またはユーザー間の紛争への介入等必要な措置を講ずることができます。ただし、当社は当該措置を行う義務を負うものではありません。



第18条 法令遵守等

1. ユーザーは、本サービスの利用にあたって、下請代金支払遅延等防止法、私的独占の禁止および公正取引の確保に関する法律(独占禁止法)、消費者契約法、特定商取引に関する法律等の法令ならびにこれらに関する政令および省令等を遵守しなければなりません。
2. ユーザーは、自己または自己の役員および従業員が次の各号に該当しないことを表明し、保証します。
(1) 暴力団,暴力団員,暴力団員でなくなったときから5年を経過しない者,暴力団準構成員,暴力団関係企業,総会屋等,社会運動等標ぼうゴロまたは特殊知能暴力集団等,その他これらに準ずる者(以下「暴力団員等」という。)
(2) 暴力団員等が経営を支配していると認められる関係を有すること
(3) 暴力団員等が経営に実質的に関与していると認められる関係を有すること
(4) 自己、自社もしくは第三者の不正の利益を図る目的または第三者に損害を加える目的をもってするなど、不当に暴力団員等を利用していると認められる関係を有すること
(5) 暴力団員等に対して資金等を提供し,または便宜を供与するなどの関与をしていると認められる関係を有すること
(6) 役員または経営に実質的に関与している者が暴力団員等と社会的に非難されるべき関係を有すること

第19条 秘密保持

ユーザーは、本サービスの利用において知り得た他のユーザーの情報を秘密情報として厳にその機密を保持し、本サービスの利用のみに使用するものとします。ただし、以下のいずれかに該当する情報については、秘密情報に該当しないものとします。
(1) 他のユーザーから提供または開示された時点で、既に公知となっていた情報
(2) 他のユーザーから提供または開示された後、自己の責めによらないで公知となった情報
(3) 他のユーザーから提供または開示された時点で、既に秘密保持義務を負うことなく保有していた情報
(4) 法律または契約に違反することなく第三者から提供または開示された情報

第20条 本サービスの停止等

1. 当社は、以下のいずれかに該当する場合には、ユーザーに事前に通知することなく、本サービスの全部または一部の提供を停止または中断することができます。
(1) 本サービスにかかるコンピューター・システムの点検または保守作業を緊急に行う場合
(2) コンピューター、通信回線等が事故により停止した場合
(3) 地震、落雷、火災、風水害、停電、天変地異などの不可抗力により本サービスの運営ができなくなった場合
(4) その他、当社が停止または中断を必要だと判断した場合

第21条 個人情報の取り扱い

当社は、ユーザーから個人情報の提供を受ける場合、当社が別途定める「プライバシーポリシー」に基づいて適切に取り扱うものとします。

第22条 ユーザーへの通知または連絡、ユーザー間の連絡および連絡先情報の開示

1. 当社からユーザーへの連絡は、ユーザーが登録したメールアドレスへの送信または本サービス上の適宜の場所への掲示その他、当社が適当と判断する方法により行います。
2. ユーザーから当社への連絡は、本サービス上の適宜の場所に設置するお問い合わせフォームの送信または当社が指定する方法により行うことができます。
3. 当社は、ユーザーに対し、本規約等に特段の定めがある場合を除いて、他のユーザーの連絡先を含む他のユーザーに関する情報を開示または提供しません。
4. 前項にかかわらず、当社は、ユーザーが、裁判所、検察庁もしくは行政機関の命令または弁護士法第23条の2等の法令に基づいて、他のユーザーに関する情報を開示するよう請求する場合は、当該請求を行ったユーザーに対して当該相手方に関する情報を開示することができます。この場合の当社の開示行為について、当社はいかなる責任も負いません。
5. 前項の開示を受けたユーザーは、開示対象となったユーザーとの間の問題の解決のためにのみ、当該情報を使用するものとします。
6. 前項に違反し、または不正な手段によって第4項の開示を受けたユーザーは、当社または第三者に発生した全損害を賠償する義務を負います。

第23条 禁止事項

ユーザーは、本サービスの利用に際して、以下に記載する行為を行ってはなりません。
(1) テンプレート選択後本サービスを介さずに家具製作に関してヴィルダーおよび工房オーナー間で取引する行為
(2) 法令、裁判所の判決、決定もしくは命令、または法令上拘束力のある行政措置に違反する行為
(3) 公の秩序または善良の風俗を害するおそれのある行為
(4) 当社または第三者の資産、知的財産権、肖像権、名誉権、プライバシー権、その他法令上または契約上の一切の権利を侵害する行為
(5) 当社または第三者になりすます行為または意図的に虚偽の情報を流布させる行為
(6) 営業、宣伝、広告、勧誘、その他営利を目的とする行為(当社の認めたものを除きます。)、性行為やわいせつな行為を目的とする行為、当社または他のユーザーに対する嫌がらせや誹謗中傷を目的とする行為、その他本サービスが予定している利用目的と異なる目的で本サービスを利用する行為
(7) 反社会的勢力に対する利益供与その他の協力行為
(8) 他人の個人情報、登録情報、利用履歴情報などを、不正に収集、開示または提供する行為
(9) 本サービスに関連するウェブサイト等に使用されている技術・ノウハウについて、逆アセンブル、逆コンパイル、およびリバースエンジニアリング等をする行為
(10) 技術的手段を利用して本サービスに関連するウェブサイト等を不正に操作する行為、当該ウェブサイト等の不具合を意図的に利用する行為、同様の質問を必要以上に繰り返す等、当社に対し不当な問い合わせまたは要求をする行為、その他当社による本サービスの運営または他のユーザーによる本サービスの利用を妨害し、これらに支障を与える行為
(11) 本規約または本規約に基づく当社所定の指示事項等に違反し、本サービスの運営に重大な悪影響を与えると当社が判断する行為
(12) 上記(1)から(11)のいずれかに該当する行為を援助または助長する行為
(13) その他、当社が不適当と判断した行為

第24条 退会およびユーザー登録抹消

1. ユーザーは、当社所定の手続により退会することができます。ただし、家具パーツまたは家具の受け取りが完了していない場合はこの限りではありません。
2. 当社は、ユーザーが、本規約に違反した場合、あらかじめユーザーが登録したメールアドレスへの通知を行った上でユーザー登録を抹消することができます。この場合、ユーザーは本サービスの利用に関連して負う債務が存在する場合は当該債務について期限の利益を直ちに失います。また、製作契約が存在する場合は自己の負担と責任で一切の対応を行うものとします。当社は当該登録抹消処分に関連して発生する紛争等または損害の賠償について、本規約等に明示的に定めがある場合を除いて、一切の責任を負いません。

第25条 当社の免責

1. 当社は、本サービスまたは本ウェブサイトについて、事実上または法律上の瑕疵(安全性、信頼性、正確性、完全性、有効性、特定の目的への適合性、セキュリティなどに関する欠陥、エラーやバグ、権利侵害などを含みます。)がないことを明示的にも黙示的にも保証しておりません。当社は、ユーザーに対して、かかる瑕疵を除去して本サービスを提供する義務を負いません。また、当社は、ユーザーが作成した設計データ等の保存義務を負いません。
2. 当社は本サービス上でテンプレートデザイナーが提供するテンプレート、ヴィルダーが作成する設計データまたは工房オーナーの製作する家具パーツおよび家具の信用性、適法性、有用性、特定の目的への適合性等その他一切の事項について確認する義務を負わず、ユーザーに対して何らの保証をしません。
3. 当社は、本規約等に明示的に定める以外は、当社は製作契約の内容およびその履行について関与を行わず、製作契約の当事者となったユーザーは自己の負担と責任で制作契約を履行するものとします。製作契約の内容および履行について、当事者間で本規約等と矛盾する内容の合意等がなされた場合であっても、当社は、本サービスおよび本規約等との関係では、本規約等に基づき本サービス上で確認することのできる製作契約の内容を、当事者が変更した製作契約に優先させるものとし、ユーザーはあらかじめ同意します。
4. 当社は、本サービスに関連してユーザー間で発生した紛争等について、本規約等に特段の定めがある場合を除いて、一切の責任を負いません。当該紛争等については、当事者間で解決するものとします。
5. 当社は、本サービスに起因してユーザーに生じたあらゆる損害について一切の責任を負いません。ただし、本サービスに関する当社とユーザーとの間の契約(本規約等を含みます。)が消費者契約法に定める消費者契約となる場合、本規約の免責規定は適用されません。
6. 前項ただし書に定める場合であっても、当社は、当社の過失(重過失を除きます)による債務不履行または不法行為によりユーザーに生じた損害のうち特別な事情から生じた損害(当社またはユーザーが損害発生につき予見し、または予見し得た場合を含みます)について一切の責任を負いません。また、当社の過失(重過失を除きます)による債務不履行または不法行為によりユーザーに生じた損害の賠償は、損害が製作契約に関連して生じた場合には、当該製作契約に基づくヴィルダーの支払金額を上限とします。

第26条 権利義務の譲渡

1. ユーザーは、本サービスに関するユーザーとしての地位並びに当該地位に基づく権利および義務を、当社が予め承諾した場合を除き、第三者に譲渡しまたは担保に供してはならないものとします。
2. 当社は本サービスにかかる事業を他社に譲渡した場合には、当該事業譲渡に伴い本規約上の地位、本規約に基づく権利および義務並びにユーザーの登録情報その他の顧客情報を当該事業譲渡の譲受人に譲渡することができるものとし、ユーザーは、かかる譲渡につき本項において予め同意したものとします。なお、本項に定める事業譲渡には、通常の事業譲渡のみならず、会社分割その他事業が移転するあらゆる場合を含むものとします。

第27条 分離可能性

本規約のいずれかの条項またはその一部が、消費者契約法その他の法令等により無効または執行不能と判断された場合であっても、本規約の残りの規定および一部が無効または執行不能と判断された規定の残りの部分は、継続して完全に効力を有するものとします。

第28条 準拠法

本規約の成立、効力、履行および解釈に関しては、日本法が適用されるものとします。

第29条 管轄

本規約に起因し、または関連する一切の紛争について訴訟を提起する場合は、東京地方裁判所または東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。


以上